サイトマップ Q&A
レーザー溶接によるフレーム修理

レーザー溶接によるフレーム修理について

店舗様向けに眼鏡のフレーム修理を行っております。
お預かりしてから最短3日目~発送することが可能です。

  • 最新テクノロジーレーザーを用いて、仕上がりの綺麗な修理を行います。
  • 基本的にレーザーで金属の接触面を溶かして溶接いたします。
  • 異種金属(チタンと金、ベータチタンとチタン、その他)の溶接も可能です。
  • 溶接時間が1回1000分の数秒なので周辺部位への影響はありません。
  • 直径0.2㎜のスポットによる局部的な溶接により、細部加工に最適です。

※一般のお客様の眼鏡修理は受け付けておりません。ご了承ください。

修理対応内容について

合金ロー付け / チタンロー付け

ピンポイントで部品どうしの溶接ができ、熱によるカラーの焼け、七宝などへの干渉がほとんどなく、必要最小限の修理痕に抑える事ができます。又、部品交換をした時など熱干渉が少ない事により、部品の強度を損なう事はありません。

丁番切れ、ナイロールなどのリム部分のクラックなど多様な修理にもピンポイントで修理ができ、チタン特有の前処理工程の必要がなく、時間と費用の節約ができます。

オプションパーツ・添え木

リム切れなど負担のかかる部分の修理には強度を上げるために添え木が必要となる場合があります。前から見ると目立ちませんので、見た目がきれいです。

金枠ロー付け

素材の風合を損なう事なく、ピンポイントでキレイに仕上げる事ができます。

ネジ抜き

ネジ折れ、頭のつぶれなど新たなネジ山などを作成し対応いたします。

鼻盛り

既存の鼻パットを切り取り、新たな鼻盛パットへと変更致します。

セルフレームクリングス付

金属製のパット足に交換することにより、鼻幅の調整、あたり面の調整、高さの調整などを行うことができます。

先セル取替

古い先セル、変色したものなどご要望に応じて交換いたします。

型直し

加工が難しい金属フレーム(破損の恐れがある等)、プロの仕上げで早急に対応できます。

その他

バネ丁番の修理も可能です。フレームによりバネ丁番修理ができないものもございますが、その時はバネ丁番を固定し、通常丁番として修理させていただきます。

  • 法人向け サンニシムラ受注システム
  • カタログ請求・お問い合わせ
  • Webカタログ
  • 眼科・医療関係商品
  • レーザー溶接によるフレーム修理について
  • メガネのお悩みずばり解決!
  • 会社概要
  • Q&A